ももりん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 副鼻腔炎対策を自分でやってみた

<<   作成日時 : 2017/03/21 15:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いわゆる「蓄膿症」。名前が嫌ですよね。
花粉症とアレルギー性鼻炎は持っていたものの、それ以外で鼻の不具合はなかったのです。それが、福島第一原発事故後3年経過の2014年初夏くらいから、鼻の奥が詰まって詰まって、どうにもなりませんでした。

とりあえずチクナイン

多分、そういう人は少なくないことでしょう。二、三カ月症状に苦しめられた後だったかと思いますが、思い切って購入。しばらく飲みました。飲んでいる間は改善しました。ただ、同時期に顔がむくんだり、何度か飲み続けると胃に来たり。そして飲まないと元通り。改善の兆しがない感じでした。

視力が落ちる

これは、以前のブログ記事にも書いている通り、PCのブルーライトが大きく影響しているとは思います。しかしそれにしてもあまりに視力が落ちるし、目頭の下あたりに常に不快感がありました。検索してみると、あるある。副鼻腔炎のせいで視力が落ちることがある……やばいです。

やっぱり医者

素人判断を越えていたので(って、本当は最初からそうなんですが)、町医者の耳鼻咽喉科に行きました。レントゲンを撮られ、診断はやはり「副鼻腔炎」。しかし意外なことに「軽度の」という修飾語が付いていました。じゃあ、なぜこれほどのまでの不快感?と思いましたが、医師の「炎症が起きているのは、鼻の近くではなく、目頭の近く」ということで、おーーーっ!!と納得。やっぱりだ。やっぱりそうなんだ。

知り合いがちょうど鼻の不調で病院に行き数カ月経ったころでした。お陰ですっかりよくなった、と聞いたので物凄く期待。薬を貰って帰ってきましたが、これを飲んだらとにかく眠い。だるい。そして鼻は大して改善しない。

ループする対策

チクナインの何倍も胃がやられるし、耳鼻科の薬を飲むのは無理だと思いました。しかし、あまりに鼻と目が苦しく、しまいには仕事に集中できなくなる始末。で、結局、我慢→チクナインほか漢方→耳鼻咽喉科……を繰り返しました。

ではどうすればいいのだ

読んでいる人もイライラすることでしょう。困った挙句にやったのが「鼻うがい」でした。それも重曹によるもの。歯医者さんの情報を見て、その通りに実行しました。これは、驚くほど鼻を爽快にしてくれました。それも、夜寝る前にやれば朝まで。朝やれば夜寝る時まで、効果が実感できました。

せっかくの改善策だったが

私の性格のせいもあるのでしょう。とにかく、面倒くさい。いや、作業は簡単です。ぬるま湯に重曹を溶いて鼻うがいするだけなんですから。でも、なぜかややハードルが高い。病院の薬や薬局で買う漢方に比べても断然安いわけですが、塩や砂糖とは違う重曹、というだけで、少し心理的なハードルが上がってしまったのです。

行き着いた「塩水による鼻うがい」

あまりに苦しくて、久しぶりに耳鼻科に行き、薬も変えてもらい、胃薬を同時に出してもらうなどしました。だがやはり、症状の目立った改善は実感できない。実感する前に、眠気やだるさや胃の不調で飲み続けられない。点鼻薬では大量の鼻血。これはもう無理だと思いました。

しかし我慢していても仕事が手につかない。あるいは夜眠れない。必要に迫られて、「そうだ、どこかに書いてあった、重曹ほどは効かないと言われていた食塩で試してみよう」と思いました。

ぬるま湯をコップに入れ、小さじに少しの食塩を入れ、カラカラ〜とかき回す。片方の鼻の穴を塞ぎ、空いている方から塩水をググっと吸い込み、塞いでいた小鼻の方からも手を放し、水を吐き出す。これを交互にやるだけ。最後はガラガラと口をうがい。

飽くまで私の場合であり、私の実体験です。塩水の鼻うがい、最高!!鼻がスッキリします。詰まって眠れない夜も、思い切って起きて鼻うがいしたら眠れます。最近では毎日寝る前に行っています。お陰で、鼻のせいで眠れないことはなく、鼻が詰まり続ける状態も起きなくなりました。さらには花粉症の症状も大幅に収まりました。

この嬉しさは黙っていられないなー!!と思い、久々の更新。足掻いてみるものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
副鼻腔炎対策を自分でやってみた ももりん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる